写真

自己啓発

行動志向になろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

photo by Tambako the Jaguar

2019.3.1
From ブライアン・トレーシー

何か問題にぶつかったら、すぐさまこう自問しましょう。

打てる手は何か? 次にとるべき行動は何か?

問題解決においても、やはり最大の武器は「明確さ」です。
「達成したいゴール」が疑問の余地なくはっきりしていれば、「ゴール達成をさまたげているものは何か」もはっきり見えてきやすい。

目標を達成するためには何をすべきかが明らかになったら、目標達成にとっていちばんプラスになる行動だけに集中すればいいのです。

そのためには、次の2つの問いかけをしてみましょう。

まずはひとつめ。
「いまの自分にとって最大の問題を3つ挙げるとしたら何か?」
常に頭につきまとって離れない問題、あなたの成功や幸福の実現をはばんでいる問題を3つ挙げるとしたら何か。

そして2つめ。
「それぞれの問題に対するベストな解決策を3つずつ挙げるとしたら何か?」
単純な問いかけでも、ときにはこれがきっかけで手っ取り早く問題を解決できたり、必要な判断を下せたりすることがあります。

2写真

photo by Thomas Tolkien

また、明々白々な解決策イコール最善の解決策というケースも多いので、必要なことは目を開いてよく見ることだけなのです。

13世紀に英国の哲学者、オッカムのウィリアムが提唱し、のちに「オッカムの剃刀」として知られるようになった法則があります。

それは、どんな問題においても、もっとも単純な解決策こそが最善の解決策である、という法則。古くはソクラテスも、もっとも手順の少ない解決策こそが正しい解決策であることが多いと述べています。

あなたにとっていちばん差し迫った問題に対する、いちばん単純な解決策は何でしょうか。

正しい解決策は、得てしてあまりにわかりきっていて単純なものです。どうしてこれまで思いつかなかったんだろうと、自分でも不思議に思うほどに。

関連する記事