写真

自己啓発

【第29回】不自由に思えることも、未来につながる大事な一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020.5.2
From 都築まきこ

今週は「やるべきこと」がたくさんあって、
意識から抜け落ちているところがないか書き出しながら、
一つずつ進めていました。

それなのに、
やっぱり抜け落ちていることがあって、
「あーーーー」って慌ててしまうことがいくつも……

この「やるべきこと」は
ずいぶん減ってきてはいるけれど、
一応、主婦で母でもあるので、
「すべて自分の都合で動く」というのは、
なかなか難しい日もあります。


苦手なこと、嫌いなことは
つい後回しにしたくなっちゃうし、
要領が悪くてモヤモヤする日もあります。

それでも。
「やるべきこと」が少しずつ減っている実感はあるので、
今はそれでいいかなぁとも思います。
(子ども達が小さかった頃の「やるべきこと」に比べたら、
今はかなりラクになりました!)


お仕事や子育てや家事をがんばっている皆さん。

次から次へと「やるべきこと」が降ってきて
どうして私ばっかりこんなに大変なの??って
泣き言を言いたくなる日もあるでしょう。
エンドレスのような気がして
怒りたくなることもあるでしょう。

でも、それは期間限定で、
ちゃんと
「おつかれさまー、よくやったね!」のゴールがあるので。
絶対に報われるので。

誰かの笑顔のために自分が存在していることを
素晴らしい!!と、誇りに思い、
自分自身で認めてあげてくださいね。

今は今しかできないことを一つひとつ経験している
「人生の道の途中」かもしれませんね。



* … * … * … * …* … * … * … * …*

引き寄せのことをお伝えしていると、
「ワクワクだけで生きていきたいのに、
ワクワクしないことをするのは良くないですよね?」
「全部の『義務』や『責任』を放棄して、
とにかく自分が楽しむことをやったほうがいいのですよね??」
そういうご相談もいただきます。

確かにそれは理想の世界で、
そうであったなら、どれだけ自由で楽しいのか……とも考えます。

でも、現実を直視したときに、
今それがすぐにできる人って
そんなにたくさんはいないかもしれませんね。

『家族』や『仕事』という
守りたい何かがあるとき。
そこには必然的に『義務』や『責任』も発生します。
さっきの『やるべきこと』にもつながりますが、
その『やるべきこと』が
実は自分を支えてくれていたり、
安心感を与えてくれるものなのかもしれません。


『窮屈に思える居場所が実は自分を守ってくれている』
『やるべきことが自分を支えてくれている』

そういうこともあるかもしれませんね。

どんなときも、
「今できることをしながら、望む未来に向かっていく!!」
このことを大切にしていたら、絶対に大丈夫って思います。


『不自由に思えることが
とても幸せな未来につながっている!!』

そうやって考えて決めたら、今も楽しい♪


窮屈も面倒くさいことも不自由さも…
全部まとめて、今はこれもアリなんだと認めて。

そして、
少し先の未来で
大きなご褒美を受け取りましょう。

そのときは、遠慮なく♪



都築まきこ



読んだらもっとハッピーな心持ちになる! 都築まきこさん既刊本の詳細はこちらから

 

 

 

 

都築まきこ(つづき・まきこ)

人物紹介写真

名古屋市生まれ。20代前半にナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』(きこ書房)を知り、それまでの人生を省みる。以来、自身を実験台に、引き寄せによる多くの願望成就を体験。この体験をつづったアメーバブログを2010年12月に始めたところ、たちまち評判となり、全国から問い合わせが殺到。2011年からは「幸運アドバイザー」という肩書きで、引き寄せの法則とワクワクを伝える活動を全国各地で展開し、同年秋には「幸運アドバイザー養成講座」を立ち上げた。現在も、認定した幸運アドバイザーの方々と、「自分自身がよい状態であること」、「いつも笑顔」をモットーに活動中。

著書に『ココロの枠をはずしたらどんどん願いが叶いだす♪』『欲張れば欲張るほど幸せになる引き寄せの法則』(ともにパブラボ)、『ピンクのハンカチを持てば必ずいいことが起こる♪』(大和出版)、『あなたのままで奇跡を起こす!』『本当にスゴイ!思い込みを変える魔法』(ともにきこ書房)がある。

関連する記事