写真

人物

1回の講演で依頼料1500万円超!! 全米No.1モティベーター「ジグ・ジグラー」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 10年前、80歳という年齢を微塵も感じさせない声量と身振り手振りで観衆を大興奮に導いていた講演家がいました。
 全米№1モティベーターの異名を持つジグ・ジグラーです。その講演料は、なんと1回で日本円にして1500万円を超えるものでした。
 引退していても当たり前のような年齢の人物を、これだけの高額を払ってまで呼ぶ人たちがいたのです。彼がいかにすぐれた本物の講演家だったか、よくわかります。

 ヤル気を起こし、人生における目標を達成するためには、自らが持つ潜在的な脳力の存在を知り、それを健全に活用するための方法を知ることが重要です。
 ジグ・ジグラーは、その方法論を、現代社会に適合した独自の体系的なメソッドとして開発・提唱しました。

 では、ジグ・ジグラーはどのような人物だったのでしょうか。

ジグ・ジグラーの出生

 ジグ・ジグラーは、アメリカ・アラバマ州に12人兄弟の10番目として、1926年11月6日に生まれました。5歳で父親を亡くし、10歳(小学5年生)ぐらいから、彼は働き始めます。
 調理器具や保険、教材など、さまざまな商品を販売した彼は、1962年には訪問販売の全米トップセールスパーソンとなりました。しかし、彼のセールスが最初から上手くいったわけではありません。ようやく1つ売っても、翌日のセールス活動で利益は赤字になるようなことも少なくなかったのです。

 そんな彼がなぜ、全米№1になれたのか。その答えは「自己イメージ」です。
 魔法のようなテクニックではありません。「自分は特別な存在だ」という自己イメージが彼に力を持たせたのです。彼は、45歳のときには億万長者になっていました。

 そして1966年、彼は天職に出会います。
 知人に頼まれ、「ヤル気の発揚」という即興スピーチをしました。彼のスピーチはその場にいたすべての聴衆を魅了し、拍手喝采を浴びたのです。
 モティベーター「ジグ・ジグラー」の誕生でした。

モティベーターとしてのジグ・ジグラー

 以後、彼は、精力的に講演・執筆を行い、冒頭に記したような高額の講演料を得られるまでの人気講演家となったのです。また彼は、自身の講演会に足を運べない人のためにプログラムも開発しました。
 彼のメソッドの有効性、信頼性の高さは、それがNASAの宇宙飛行士のモティベーションを短時間で飛躍的に高めるために用いられていることからもわかります。

 ジグ・ジグラーは言います。
人生を豊かに、そして思い通りに生きることは誰にでもできる。それにはちょっとした工夫とアイデアさえあればいいんだ。

 あなたは、人生を豊かにするためにどんな工夫とアイデアを持っていますか?
 何もないなんて言わないでくださいね。

関連する記事