人物

凡人とは違うゲーテの時間感覚

 ゲーテほど自分を、そして時間をとことん完全燃焼させて、大業をなしとげた男もいないのではないだろうか。不朽の名作『ファウスト』を書き上げるのになんと60余年も費やしているのである。年譜を見ると次のようになる。

 1831年(82歳)
  1月、遺言状執筆。
  7月、『ファウスト』第二部完成。その草稿に封印をする。
 1832年(83歳)
  1月、『ファウスト』を取り出し、手を加える。
  3月12日、午前11時30分、永眠。

 20代から書き始めた『ファウスト』を、ゲーテは死の2ヵ月前まで気にかけ、一度封印した草稿をひもとき、もう一度手を加えている。この執念は並大抵のものではない。
 「全身全霊をあげて究めようとしている人類の最高段階に達することができないとしたら、いったいこのおれは何なのだ」というファウスト博士の言葉は直接ゲーテの胸の内から出たものである。そういう願望と目標があったからこそゲーテはたゆまぬ活動を維持し続けることができたのである。

 また、ゲーテは世俗の面でも成功を収めた男である。22歳で弁護士開業、26歳のときにザクセン・ワイマール公国へ招聘され、27歳で内閣に議席と投票権を持つ顧問官、29歳で兵事委員会・道路改修委員会の長官兼任、30歳で大臣、33歳で内閣主席、となっている。

記事を読む
人物

ダイアモンド☆ユカイが語る、Rock’n’Rollで紐解く成功哲学

奇跡のバンドU2

 結成以来、30年以上オリジナルメンバーで活躍し続けている奇跡のバンド、U2。
 決して立ち止まらず進化し続ける彼らには、成功へのヒントがあふれてるぜ。

記事を読む
人物

マクスウェル・マルツ 自分に語る言葉がセルフイメージを変える

 あなたは気づいているでしょうか? 人間の心の奥底には、自分自身を映し出す映像があります。これがあなたのセルフイメージ、すなわちあなたの心の中にいるもう一人の自分です。それは、あなたの心を象徴するイメージ、そして、このイメージこそが実はあなたの人生を支配しています。

 あなたと、このもう一人の自分とは一心同体の関係です。絶対に切り離すことはできません。双子の兄弟のようなものです。この双子の一方が、あなたの人生を大きくコントロールしているのです。あなたがどう思おうと、あなたの人生に対する彼の影響には計り知れないものがあります。

 このセルフイメージは、あなたが彼をどの程度理解するかによって変化します。あなたの心の鼓動とともに、喜びや悲しみの時を刻む内側の時計なのです。
 セルフイメージは、あなたの行動をコントロールする心の調節器です。そして、あなたが下した自分自身への評価でもあります。つまり、これまでの数々の成功や失敗の経験からでき上がってきたものなのです。

 幸福への道を歩みたいと願いながらも、過去の失敗にいつまでもこだわっている人は、セルフイメージを自分自身で歪めてしまっている人です。歪んだセルフイメージが心に投影されて、不安と恐怖におののき、知らず知らずのうちに自分の脳力を見限り、殻に閉じこもるような行動を取ってしまうのです。過去の失敗は捨てなくてはなりません。
 一方、過去の成功はどんどん利用すべきです。成功したときの信念、勇気、そして自信を今の自分に引き継がせるのです。それによって、セルフイメージはよりいっそう輝きを増します。

 心の中にいるもう一人のあなたは、今や、かけがえのないあなたの親友です。あなたと一心同体となって、目標達成への道をゴールまでしっかりと導いてくれるのです。
 ただし、このセルフイメージは、決して命令を下したり、あなたの行動をあれこれと指図したりはしないパートナーだということを覚えておいてください。指図をするのは、あなたです。あなたが彼に命令するのです。イマジネーションとエンスージアズムをもって彼を動かすことで、人生をより有意義なものにすることができます。

記事を読む

3件