写真

言葉

人生の詰め方-Mayonnaise Jar & Two Beers-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Photo by incurable_hippie DSC_5853 via photopin (license)
2018.10.2
From マックス桐島

自己研鑚、自己啓発が大好きなハリウッド映画業界では、親密な仲間に送る「Self Help」メッセージが流行(はやり)です。

例えば……

『マヨネーズの瓶とビール2本』というタイトルのInsight(洞察)。

人生に押しつぶされそうになったとき、一日24時間では足りないときは、マヨネーズの瓶と2本のビールの話を思い出しましょう。

教授の問いかけ

ある大学の哲学の授業で、教授が大きな空(から)のマヨネーズの瓶を無言で手に取り、ゴルフボールで瓶をぎゅうぎゅう詰めにしました。そして、学生たちに「この瓶は満杯かな?」と尋ねたのです。

学生が「はい」と答えると、教授は今度は小石を瓶に入れて軽く振りました。小石がゴルフボールの隙間に入り込むと、再度「この瓶は満杯かな?」と尋ねました。

学生たちが再度「はい」と答えると、今度は砂を瓶に流し込んで満杯にしました。「今度こそ満杯かな?」の質問に「もちろんです!」と大声で合意した学生たち。すると教授は、机の下から2本のビールを取り出し、瓶に注ぎ始めるではありませんか。

瓶の中身の正体

「あっ!」と驚く学生の目の前で、砂の隙間に入り込んだ液体は、さらに瓶を満杯にしていきました。クスクス笑う学生に、教授はこう語り始めました。

「この瓶があなたの人生だと仮定しましょう。ゴルフボールは大事なモノ、例えば、神様、家族、健康、友人、大好きなこと、など……。たとえ人生ですべてを失ったとしても、大事なモノさえ残っていればあなたの人生は十分だと言えますよね」

「小石はあなたが大切だと思っていること、例えば、仕事、マイホーム、愛車、など。そして、砂はその他の事象、つまり取るに足らない小さなこと」

教授は続けました。

「もし、砂を先に瓶に入れてしまえば、小石やゴルフボールを入れる隙間はなくなります。人生も一緒です。取るに足らない小さなことに時間やエネルギーを浪費していると、本当に大事で大切なことに費やす空間が消滅してしまいます。だから、もっと、自分の幸せに役立つ事象に留意して毎日を過ごすことです

最も大切なモノ

4写真

Photo by gagilas

そして、最後に、教授は教室を見渡しながら、
「家族や両親ともっと時を過ごし、愛する人を食事に誘い、親しい友人との会話を楽しみましょう。お気に入りのテレビ番組を観たり、庭いじりやゴルフ、読書、旅行をしたりしてストレス発散しましょう」と訴えました。

「家の掃除や修理、小さな悩みに費やす時間はいくらでもあります。まず、“ゴルフボール”、つまり、あなたの人生で最も大切なモノを大事にしましょう。残りは、すべて“砂”なんですから……」
と結んだ教授に、一人の学生が質問しました。

「ところで、ビールは何を象徴するんですか?」

「いい質問ですね。どんなに人生がぎゅうぎゅうで苦しいと感じたときも、家族や友人とビールを数本飲んでリラックスし、人生を満たす余裕を持ちましょう、ということかな」

素晴らしいメッセージが込められたInsightですね。

あなたの“ゴルフボール”は何ですか?

 

 

 

マックス桐島

人物紹介写真

ハリウッド映画プロデューサー
神奈川県出身。
ハリウッドで1990年以来、『Night of the Warrior (邦題「ナイト・ウォリアー」)』『Ulterior Motives (邦題「隠された動機」)』『Samurai Cowboy (邦題「ワイルド・ハート/遙かなる荒野へ」)』など13作品をプロデュース。また手掛けた作品は2001年度アカプルコ国際映画祭最優秀作品賞。2002年度ニューヨーク・インディペンデント映画ビデオ映画祭最優秀スリラー作品賞、主演男優賞などを受賞。著書に『NYビジネスマンはみんな日本人のマネをしている』(講談社プラスアルファ新書)など多数。
http://www.amazon.co.jp/-/e/B004LRJOSM

関連する記事