写真

言葉

夢を所有するということ-Own Your Dream-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Photo by anieto2k

2018.10.24
From マックス桐島

夢を再認識しよう

夢を「所有する」ということは、自分の人生の目的感、使命感を高めるために必要不可欠なことです。しかし、人生行路が進むにつれて、これがなかなか難解な試練と化していきます。

生活のため、食べるため、家族のため、惰性に流されて、今さら……。夢を所有するという夢すらどこかに置き忘れてきてしまった人も多いのではないでしょうか。

そんなときは、自分自身の本来の“夢”、つまり“Purpose in Life(生きる目的)”みたいなモノを再認識、再発見するための自己質問が有効です。

これは、ジョン・マックスウェルという自己啓発系作家の著書に書かれていた内容を、映画企画が数年決まらずに凹んでいた僕に友人が送ってくれた、僕の人生の宝物でもあります。

この自己質問を自らに問うた結果、僕は、どうしたら自分の夢を実現するための準備をしたらいいのか、忘れかけていた夢を追うことの素晴らしさを改めて自覚することができました。この友人からの手紙がなかったら、映画プロデューサーとしての道は開けなかったと言っても過言ではないでしょう。

最大の障壁は自分の中にある

今日は、読者のみなさんと、この自己質問をShare(分かち合う)ことにしたいと思います。きっと、皆さんの“置き忘れてきた夢”を再度見つめ直すヒントになると確信しています。


「自分の夢に向かって進んでいますか?」


これは、誰もが密かに自分の“内なる存在”に問いかける質問ですが、答えが「はい」の人の人生は輝きを持ち、「いいえ」の人の人生は、本人が知らない間に輝きと喜びが少しずつ消滅しているのが真実です。

でも、なりたかった自分、やりたかったこと、生きたかった人生をリブートするのに、「時すでに遅し」ということは絶対にないのです。

夢を持つのが怖い、夢が壊れることへの躊躇、現状で自己満足させるクセ、今さら新たな一歩を踏み出す勇気がない……。夢を抱くことさえせず、夢を再認識して人生の使命感を再燃させるのを拒んでいる“天敵”は、状況や環境ではなく、意外にも自分自身なのだと気づいたとき、僕の人生行路は大きくシフトされました。

みなさんにも同じことが起こる可能性は、夢を“所有”する(Own your dream)ということをどれだけ極めるかにかかっています。

単に夢を“持つ”(Have a dream)こととの大きな違いは、自分の所有物としてどれだけ夢を育み、養って、成長させるかという意気込みと準備だと思います。

自己質問

3写真

Photo by jus10h Jeb Milne Celebration 9/20/2013 #18 via photopin (license)

さて、“夢を所有”して、そこに到達する自己質問とは?

①精神的準備
自分が好きな分野、興味あるフィールド、これならタダでもする、というモノに関する本、専門書、映像、番組、情報を貪欲に漁り、自分の夢への意欲を煽っていますか?

②経験的準備
自分が興味のある分野に関する活動に積極的に参加して、それが本当に自分に向いているか、ワクワクするかを確認していますか?

③視覚的準備
なりたい自分、行きたい場所、自分を触発させる写真や言葉を、目に見えるところに貼ったり置いたりしていますか?

④英雄的準備
尊敬する偉人の伝記を読み、憧れる人物と率先して出会い、自分をインスパイア(刺激)してくれる人の行動や言動を観察して、マネしていますか?

⑤身体的準備
自分の夢を実現するために必要な体力、健康、セルフイメージ(自己意識)、外見に気を配り、それを維持するための努力をしていますか?


……この自己質問への答えが全問「Yes!」となったときこそが、自分の夢を所有し、その実現に邁進する、記念すべき再出発の日なのだと思います。

関連する記事