写真

言葉

A Shortcut to Reach Your Goals -夢をかなえる近道-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Photo by Fede Racchi
2019.4.2
From マックス桐島

夢を先行させる

人生の夢や目標を叶える人と、夢が夢だけで終わってしまう人の根本的な違いは何なのでしょうか?

どのような“成功物語”にも共通している点は、思うとおりの人生を築くための「戦略」を構築したことだと思います。

航路図もなく、進路設定もない船が目的地にたどり着けないのと同様、何を実現したいのか、どのような結果を出したいのか、を熟考せずに生きてしまうと、夢から遠ざかるばかりの、いわゆる“現実に追われる”生き方になってしまいます。

僕たち夫婦が、ロサンゼルスの家を売ろうとしていた時、不動産屋の懸命のオープンハウス(週末に家を解放して購入希望者に見せるイベント)にもかかわらず、購入オファーが提示されない日々が続きました。

ただ悩む僕をしり目に、最愛のワイフはこう言いました。

「とにかく、私たちが今できることをしようよ!」

そして、彼女が次にとった行動は、まさに、夢や目的を実現するための最良の手段でした。それは、「まず行動を起こすこと」。

早朝から荷造りを始めた彼女は、あたかも家が思い通りの高額で売れたかのように振る舞い、引っ越し屋に見積もりをさせ、使わなくなった物品を安価で売るガレージセール(自宅の庭や車庫を使った私設売り場)の計画を立て始めました。

大切なお皿や調度品を丁寧に片づけ、僕に、どの家具を売りたいのか、維持したいのかを克明に聞き、“現実よりも先に目的地に向かい始めた”のです。すると、その3日後、価格交渉をすることもなく、提示価格で購入したいという家族が現れ、無事僕たちは“想い”を“形”にすることができました。

最後の愛情メッセージ

今思うに、ワイフの想いが言霊となり、行動を起こしたことによって、思い通りの結果を招く波動が生じて形になったのだと確信しています。

私事ですが、僕のアメリカンドリームの最高の私設応援団長であり、人生の伴侶、親友、ソウルメイトであった最愛のワイフは、長い闘病生活の末、2015年、願いどおりに自宅のベッドで、僕の腕の中で息を引き取りました。

当然ながら、悲壮感や喪失感はあります。でも、それ以上に、新たな人生を祝ってくれる彼女の笑顔と、「ボーッとしてないで、さっさと動く!」という彼女の快濶な声に後押しされた鼓舞感が僕の魂には満ち溢れています。これが、人生の様々な経験や英知を分かち合ってくれた、ワイフの最後の愛情メッセージなのだと感じています。

ハリウッド映画業界人の多くは、さまざまな自己啓発トレーニングに夫婦で参加し、お互いの人生行路が「1+1=3」となれることを目指します。完全に把握できない英語環境にありながら、常に勇気と好奇心を奮い立たせ、僕と一緒に様々なセミナーに参加してくれたワイフの大好きな言葉は、“Go to the feeling place of what you want.”つまり、「自分が実現したい結果を感じること」でした。

想いを形にする近道

3写真

photo by Fede Racchi

引っ越しのエピソードで彼女が実証してくれた“想いを形にする近道”は……

①なってほしい光景を頭に描く
②あたかもそれが実現したかのような言葉を発する
③それを実現するためのステップとなる行動を起こす



それはまさに、さまざまな成功者が共通して唱える秘訣なのでした。

ときどきは、自分の大切な人に想いを伝え、すべてのことを差し置いてその人との空間を楽しむ瞬間を創る努力をしてくださいね。

「一日一生♪」。ますます輝いて生きることこそが、志半ばで逝ったワイフへの最高の贐(はなむけ)だと思っています。

ありがとう。そして、I love you honey. Rest in peace.(合掌)

関連する記事