写真

言葉

【第9回】 一杯のコーヒーを本気で飲む今日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019.6.15
From 都築まきこ


「明日はもうコーヒーが飲めないと思って、今日を全力で生きよ」


幸福度が高いと言われている国、デンマーク。
その、デンマークのことが書かれた『ヒュッゲ』という本の中で
ひときわ光をはなっていたのが、この言葉です。

そんなふうに考えてコーヒーを飲んだことがあったかな??
と、自分に問う良い機会になりました。


振り返ってみるとこの数年の自分は、
忙しい! を理由にして、
なにかを食べたり飲んだりするときに、
よそごとを考えていることが多かった気がします。

食べながら仕事の段取りを考えたり、
飲みながらスマホを見たり、
酷いときにはパソコンの前で「ながら食べ」をしていることもありました。


時短、効率良くといえば
聞こえはいいのかもしれませんが、
時短ならば、もっと他のことで工夫したらいいのかもしれません。


「あなた、今日、何時と何時にコーヒーを飲みましたか?」
と問われても、

「えっと……朝と……あれ? お昼も飲んだよね……」
ぼんやりと飲んでいるので、そんなふうに記憶も曖昧です。


なにかを変えたいなぁ。
なんとかしたいなぁ。


「本気で一杯のコーヒーを飲むこと」
そのことを意識するようになって、しばらくしたある日、
毎月恒例になっている、
読者さまとの沖縄二人旅に出かけたときのこと。

「どうやら知る人ぞ知る、
素晴らしく美味しいコーヒーが飲める喫茶店があるらしい。
もし無理じゃなければ、そこに行ってみたい」
と、リクエストをいただきました。

「いや、それは無理をしてでも行きましょう!」
私のいつものノリで、
初めての場所を目指してドライブ!


その喫茶店は、
沖縄本島の中部に位置する沖縄市にありました。
(珈琲専門店・原点さん)

マスターがお一人でお店に立たれていて、
メニューは「ホット」か「アイス」のみ。
コーヒーだけを楽しむ喫茶店です。

私はここで、アイスコーヒーをオーダーしたのですが、
そのアイスコーヒーが運ばれてきたときから
黒い液体がキラッと光って見えて、胸がドキドキしました。


一口飲んだ瞬間、
「あ、美味しい!!」と、
旅のお相手の方と思わず顔を見合わせて、
お互いに、フーっと深い溜め息をつきました。

「こんなにしっかりコーヒーの味がするアイスコーヒー、
今まで飲んだことがない……」

一口ごとに身体中にコーヒーの香りがしみわたるようで、
美味しいのだけれど、飲むのがもったいない。
目の前のこのコーヒーがなくなってしまうのが嫌だ……
そんなふうに思い、チビチビと味を確かめながら飲みました。

あぁ、これが本気でコーヒーを飲むってことね!!
この感覚ね!


こんなふうに
全神経をグラスの中のコーヒーに集中させて味わったことが
今まで一度もなかったので、
それはとてもとても新鮮な感覚でした。


この感覚を知ってから、
コーヒーだけではなく、
毎回の食事やお菓子なども
「いちいち本気」で口にするようになり、
その都度、お腹だけではなく心が満たされる感じも味わっています。


「いちいち本気」で「いちいち幸せ」


幸せってこういう何気ないところから
ポロンと見つかったりするので、面白いなぁと思います。



読んだらもっとハッピーな心持ちになる! 都築まきこさん既刊本の詳細はこちらから

 

 

 

 

都築まきこ(つづき・まきこ)

人物紹介写真

名古屋市生まれ。20代前半にナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』(きこ書房)を知り、それまでの人生を省みる。以来、自身を実験台に、引き寄せによる多くの願望成就を体験。この体験をつづったアメーバブログを2010年12月に始めたところ、たちまち評判となり、全国から問い合わせが殺到。2011年からは「幸運アドバイザー」という肩書きで、引き寄せの法則とワクワクを伝える活動を全国各地で展開し、同年秋には「幸運アドバイザー養成講座」を立ち上げた。現在も、認定した幸運アドバイザーの方々と、「自分自身がよい状態であること」、「いつも笑顔」をモットーに活動中。

著書に『ココロの枠をはずしたらどんどん願いが叶いだす♪』『欲張れば欲張るほど幸せになる引き寄せの法則』(ともにパブラボ)、『ピンクのハンカチを持てば必ずいいことが起こる♪』(大和出版)、『あなたのままで奇跡を起こす!』『本当にスゴイ!思い込みを変える魔法』(ともにきこ書房)がある。

関連する記事