写真

言葉

【第12回】 大好き! にはかなわない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019.8.10
From 都築まきこ

今日は旅の帰り道で
このメルマガを書いています。

何から何まで最高の旅でした!

きっと、先に最高の旅になる!って
決めていたからだと思います。


先日、職人さんのドキュメンタリーを
何気なく見ていたら、
とてもワクワクして
一気にその世界に引き込まれました。


お蕎麦屋さんで働く方のお話なのですが、
毎日蕎麦をうつときに、
なでなでしながら
「いい子になれ。美味しくなれ」
と、ココロの中で唱えているそうです。

大好きな蕎麦が人とのご縁をつないでくれた。
今の仕事が楽しくてたまらない、というお話も。

もう、その言葉だけで
私はこちらのお店で蕎麦を食べてみたい!!
と思いました。


「大好き、楽しい!」という思いで
何かに取り組むということは、
その人が意識をしなくても
大好き、楽しい! の波に周りにいる人を巻き込みます。


きっとこちらの蕎麦を食べたら、
それだけで楽しい気持ちになっちゃうのでしょうね。


いろいろな日常のシーンを思い出してみると、
私がお世話になっている
美容師さんや、歯医者さん、ショップの店員さん、
行きつけのレストランのオーナーさんは、
なにも言わなくても本当にいつも楽しそうで、
日々なにかにチャレンジしている方ばかりです。


そういう方と出逢えたことも幸せですし、
そこで感じる絶対的な安心感が
そのまま信頼感にもなっていきます。

たとえば。
私はヘアカラーの色を毎月微妙に変えているのですが、
自分で決めたこともリクエストしたことも一度もなく、
いつも美容師さんの直感におまかせしちゃいます♪

春だから艶感のある明るい色がいいよね、
秋だから栗っぽい色にしようか?
新しい色を試してもいい?

そこには「この人だからおまかせしたい!」という思いがあり、
それが楽しいからなのです。


大好き! という思いをもって
大好きなことをしている方には、
やっぱりかなわないなぁ、と思います。


私自身は引き寄せが好き、
楽しい考え方が好き、
書くこと話すことが好き、
旅が好き……と、
有難いことに好きなことを
よくばりにやらせてもらっています。

でも、それを貫くためには
好きなこと以外には
なるべく意識を向けない。
ということも、大切にしています。
(だから、ワガママだと思われちゃうのですが。
ま、確かにワガママなのです♪)


興味のないことはまったく覚えられなかったり、
関与することができないのも、
大好きなことを大切にする、
それを貫くためには必要だった! と
素直に認められるようになりました。


よくばりさん流の
「あれもこれも」は、
大好きなことだけの「あれもこれも」

今はまだ、
大好きな仕事をしつつも主婦であり母でもあるので、
「義務をゼロ」にはできませんし、
1人5役くらいこなしている気がして
息がゼーゼーで、
コピーロボットが欲しいときもありますが。

自分がもっと歳を重ねたら、
好きなことに囲まれて、
「妄想好きで自由なおばあちゃん!!」になりたいなぁ……と、
それは、未来のお楽しみにとってあります。


みんなそれぞれに
もっと「好き!」を尊重していけたらいいですね。



読んだらもっとハッピーな心持ちになる! 都築まきこさん既刊本の詳細はこちらから

 

 

 

 

都築まきこ(つづき・まきこ)

人物紹介写真

名古屋市生まれ。20代前半にナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』(きこ書房)を知り、それまでの人生を省みる。以来、自身を実験台に、引き寄せによる多くの願望成就を体験。この体験をつづったアメーバブログを2010年12月に始めたところ、たちまち評判となり、全国から問い合わせが殺到。2011年からは「幸運アドバイザー」という肩書きで、引き寄せの法則とワクワクを伝える活動を全国各地で展開し、同年秋には「幸運アドバイザー養成講座」を立ち上げた。現在も、認定した幸運アドバイザーの方々と、「自分自身がよい状態であること」、「いつも笑顔」をモットーに活動中。

著書に『ココロの枠をはずしたらどんどん願いが叶いだす♪』『欲張れば欲張るほど幸せになる引き寄せの法則』(ともにパブラボ)、『ピンクのハンカチを持てば必ずいいことが起こる♪』(大和出版)、『あなたのままで奇跡を起こす!』『本当にスゴイ!思い込みを変える魔法』(ともにきこ書房)がある。

関連する記事