写真

言葉

【第19回】 習慣化ってスゴイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019.11.30
From 都築まきこ


先日、美容師さんとこんな会話をしました。

私:「こういうお仕事をされていると、なかなか連休とか、長いお休みは取れないですよね??」
美容師さん:「うーん、そうですね。3連休までかな。それ以上休むと……」
私:「休むと??」
美容師さん:「手が鈍っちゃうんですよ」
私:「はぁ……なるほど。さすがプロですね!」

髪を切るとき、ハサミを持つ手が鈍る……
それは、その方にしかわからない
ほんのちょっとした感覚の違いなのだと思います。

でも、その「ちょっと」を見逃さない。
そうならないようにする。
そこにプロ意識を感じました。


なぜこの会話を思い出したのかというと。

私ごとですが、
一昨年くらいまでは、
定期的に自分発行のメルマガを書いて、
こつこつブログを書いて、
締切間近の原稿を書いて、
手帳に掲載するコラムを書いて……
と、ほぼ毎日何かを書き続けていました。

書くのが当たり前の生活をしていると、
「書かれたい文章が生まれてくる」
この不思議な感覚を味わうことができます。

書いているのは私だけれど、
指先から自然発生的に文字がどんどん生まれてくるような。
スランプに思えるときでも
それなりにはサッと文章が出てくるような。
そんな感じです。


でも、昨年からちょっとペースを緩めてみて、
メルマガも不定期に、ブログもゆるゆると。
そして、数万文字を綴る原稿もない状態になり、
今は毎日書く! という状態ではなくなりました。
まったくなにも書かない日もあります。

そうすると、
「なんか、鈍い!」
「指がサクサク動かない」
「浮かんだ言葉が文章になるのにロスがある」
こんな現象が起きました。

決してそれが嫌なわけでも不自由なわけでもないのですが、
やっぱりちょっともどかしい。
「こんなことってあるんだ?」という、
ちょっとした面白い発見でした☆


これは、書くことだけではなくて、
私たちが日常生活の中でこなしているルーティン化したあれこれも、
「毎日だと大変、毎日続けるのが面倒くさい」
そう思っているのが実は思い込みで。
毎日しているからこそ、
手際良く効率的にできているのかもしれませんね。



たとえば早起きに当てはめてみると、
「私ね、毎朝4時起きなの」
と、聞いたら
「わ、スゴイね♪」
そう返す方が多いのではないでしょうか。

でも、毎朝4時に起きている方は、
自分のことをそれほどスゴイとは思っていなくて、
それが「普通」で「当たり前」になっている。
でも、もし一週間ほど「遅寝遅起き」にしてみたら、
また4時起きに戻すのには
エイッと気合いが必要になりそうです。


習慣化するとか継続するって、
実はとても効率が良いことで、
スゴイことなのですよ、きっと。


「もう、毎日毎日同じことの繰り返しで大変っっ!!」
そうため息をつきたくなったら。

「同じことを毎日できている自分を褒めて」
「毎日しているからこそ、達人級になっているよね」
と、調子に乗っちゃってください!

同じことをするのであれば、
「私、すごいなぁ。いい感じ♪」
そうやって自己肯定もしていけたら最高ですね。



読んだらもっとハッピーな心持ちになる! 都築まきこさん既刊本の詳細はこちらから

 

 

 

 

都築まきこ(つづき・まきこ)

人物紹介写真

名古屋市生まれ。20代前半にナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』(きこ書房)を知り、それまでの人生を省みる。以来、自身を実験台に、引き寄せによる多くの願望成就を体験。この体験をつづったアメーバブログを2010年12月に始めたところ、たちまち評判となり、全国から問い合わせが殺到。2011年からは「幸運アドバイザー」という肩書きで、引き寄せの法則とワクワクを伝える活動を全国各地で展開し、同年秋には「幸運アドバイザー養成講座」を立ち上げた。現在も、認定した幸運アドバイザーの方々と、「自分自身がよい状態であること」、「いつも笑顔」をモットーに活動中。

著書に『ココロの枠をはずしたらどんどん願いが叶いだす♪』『欲張れば欲張るほど幸せになる引き寄せの法則』(ともにパブラボ)、『ピンクのハンカチを持てば必ずいいことが起こる♪』(大和出版)、『あなたのままで奇跡を起こす!』『本当にスゴイ!思い込みを変える魔法』(ともにきこ書房)がある。

関連する記事