写真

言葉

【第23回】 好きになってもらおう! を手放す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020.2.8
From 都築まきこ

こんにちは。

2月を迎えて「水瓶座」の季節になりました。

自分が水瓶座だからか
なんだかとても嬉しい気持ちがします。

立春を境にして、
いろいろな流れや目には見えないエネルギーが変わりつつあると
様々なジャンルの方がおっしゃっています。

昨年あたりから、
変化の真っ只中にいて
ちょっと(すごく?)しんどかった! という方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

私自身も
荒波の中にポーンと投げ込まれたようで、
楽しいし、幸せなのに
時々ドーンと考えさせられたりして、
立ち止まることがあった時期もありました。

でも、人というのは
理由なく「上がったり下がったり」する生き物のようで、
ある日突然、
「あ、乗り越えた! 全部乗り越えた!!
全部意味がわかった!!」

そんなふうになりまして、
そこからはもう、なんだか軽くて仕方がないっっ!
そんな日々に突入しました。

そして、
冷静になって
なにがそんなに苦しかったのか……と、
思いをめぐらせてみたら。

なにかをイメージしたり行動をするときに、
「自分」ではなく「誰か」のことが先に浮かんで、
「自分」が決めたいのに
「誰か」はどう思うだろう??
「誰か」に受け入れてもらえるだろうか?
そういう自分ではコントロールできない
「誰か」のことばかりを考えていたことに気づきました。

それは、しんどいですよね。

人は一人では生きられないから
つねに「人間関係」というものがついてきます。

家族、恋人、友だち、ご近所さん、
職場の同僚、上司、ショップの店員さん。
関わる人たちとの関係性は
もちろん良好であるほうがいいのです。
変なストレスを増やさずにすむから。

けれど、
人との関係性を良好にしよう、しなきゃと
思えば思うほど、
なんだか違う方向に行ってしまうことがあります。

それは
「好きになってもらおう」の呪縛です。


嫌われないように、
好きになってもらうように。

そうやって行動しているとき、
私たちの意識にあることはコレなんですよ。

「私は好かれていないから」

まさかまさかの自己否定。

○○さんに好きになってもらおう。
○○さんに受け入れてもらおう。
○○さんに認めてもらおう。

その思いがあるときは
自分の意識はこう言っています。

「私は○○さんに好かれていない」
「私は○○さんに受け入れてもらっていない」
「私は○○さんに認めてもらっていない」

だから、だから、
好きになってもらうように頑張ろう!!

この意識で過ごしていたら、
「好かれていない」という引き寄せが
起こりやすくなるのはわかりますよね。

でも、自分のことって
自分ではなかなかわからないので。

私自身も
この罠にすっぽりハマっていたときがありました。

勝手に期待に応えようとする……にも似ていますが。

この罠から抜け出すと、
もう本当にいろいろなことが変わります。


私自身は、
「べつに好きになってくれなくてもいいよ」
「でも私はあなたが好きだけどね♪」

「あなたのためにやっているわけじゃないよ」
「私がそうしたいからそうしているだけだよ♪」

こういう意識で過ごせるようになってから、
引き寄せる現実がまったく変わってきました。


なーんだ。

上手くいかなくしていたのも
しんどくしていたのも
自分だったんだ!!

誰かではなく
自分から生まれた思考と感情が
物事をややこしくしていたんだ!!

ここに気づいたら
本当にラクになりました。


好きとか嫌いとか。
好かれるとか嫌われるとか。

そういう見えない部分にとらわれて、
本当の自分の思いや自分らしさを消してしまっていたなんて。
もったいなかった。

「好きになってもらおう♪」
この意識から卒業できたとき、
またあなたに素晴らしい引き寄せのご縁や、
出来事が引き寄せられます☆


恋愛はもちろんですが、
誰かとの関係に迷っているとき。

あなた目線ではなく
誰かの目線で見た自分になろうとしていないかな??
と、ちょっと客観的に見てみると
あれ?? なーんてこともありますよ。


好きになってもらおうとしなくても、
本当にご縁のある人には
ちゃんと好かれるし愛されるのです♪


自分らしさという武器を
大切にしてくださいね。



読んだらもっとハッピーな心持ちになる! 都築まきこさん既刊本の詳細はこちらから

 

 

 

 

都築まきこ(つづき・まきこ)

人物紹介写真

名古屋市生まれ。20代前半にナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』(きこ書房)を知り、それまでの人生を省みる。以来、自身を実験台に、引き寄せによる多くの願望成就を体験。この体験をつづったアメーバブログを2010年12月に始めたところ、たちまち評判となり、全国から問い合わせが殺到。2011年からは「幸運アドバイザー」という肩書きで、引き寄せの法則とワクワクを伝える活動を全国各地で展開し、同年秋には「幸運アドバイザー養成講座」を立ち上げた。現在も、認定した幸運アドバイザーの方々と、「自分自身がよい状態であること」、「いつも笑顔」をモットーに活動中。

著書に『ココロの枠をはずしたらどんどん願いが叶いだす♪』『欲張れば欲張るほど幸せになる引き寄せの法則』(ともにパブラボ)、『ピンクのハンカチを持てば必ずいいことが起こる♪』(大和出版)、『あなたのままで奇跡を起こす!』『本当にスゴイ!思い込みを変える魔法』(ともにきこ書房)がある。

関連する記事