写真

言葉

【第35回】【ピンチ!のときにすること】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020.8.1
From 都築まきこ

今日は、「ピンチはチャンス」のお話。

もうこの言葉は
耳にタコ!!くらい聞いていますよね。
わかっている!!
わかっているけれど、
やっぱりピンチのときは苦しいです。


どうしてこんなに上手くいかないの??
私のなにがいけなかったの??
一体、どうしたらいいの??


これが原因です!!ということが
わかっているときは対処ができるけど、
それすらもわからないときは
どんどん自分を責めるパターンに陥りがちです。


私なんて……どうせ……
と、いじけるのはまだマシで、
私だからいけないんだ……などと、
自分を悪者にしてしまうと本当に辛いし苦しいですよね。



私も過去に何度もそういうことがあって、
いや、今もわりとあって。
悶々とすることもあります。


でも、そういうときにまず大切になるのは、
「自分を責めるのをストップさせること!!」です。

自分を責めていても、そこに発展的な答えはありません。
自分で自分を痛めつければ、
どんどんエネルギーが奪われるだけです。

「反省」というのは、もう少し先でやればいいことで、
本当に辛くて苦しいときには、
その逆の「自分甘やかし」をやります。



「私、こんなによくやっているのにね。
私が報われないなんておかしい!」

って、それくらいに思っていていいです♪
自分を責めすぎて追いつめるよりもずっといい。


そして、2ステップ目にすることは
「今、間違っていることはなにかな??」
「見ないフリをして逃げていることはなにかな??」
と、考えます。

間違っていることというのは悪いことではなくて、
「本当はこうしたいのに、それとは違うことを選んでいる」とか。
「本当はAさんとは距離をおきたいのに、
いい人ぶって親身に相談にのっている自分」とか。
「本当は嫌だって思っているのに、
嫌われたくなくて認めてしまっていること」とか。
そういうことです。


逃げていることも同じ。
「大事な決断を先延ばしにしている」
「面倒くさいことが嫌だから
見て見ぬフリをしていることがある」など。

自分に関わることで
逃げていることはないかな??
後回しにしていることは??って考えます。


あ、何度もいいますが
「反省会」ではないですよ。

むしろその逆で、
「そこさえちゃんと動かせたら。
そこと向き合うことができたら。
これからどんどん良くなるよー!!」
ってことです。


ピンチとか悶々とする時期って
ある日突然やって来たりもするし、
自分ではご機嫌でいても
誰かの言動によって悩まされることもあります。

でも、それらすべてを「合図」と捉えてみると、
「ただ嫌だと思っていたこと」は、
「もしかしたらなにかの合図なの??」となり、
「ただダメな自分を責めていたこと」が、
「私が向き合うことがあったからだ」という
気づきのチャンスにもなったりします。


私のクライアントさんで、
会社が嫌いで仕事も嫌いで、
「それならば辞めたらいいのかもしれない、
でも、安定を捨てるのは怖いから嫌だけどがんばる!!」
と、歯を食いしばってがんばっていたら、
なんと、合併により彼女の部署が消滅してしまい
リストラにあってしまった…
という方がいました。

そのときは、
「あんなに嫌な仕事にも耐えてきたのに。
こんなにヒドイ仕打ちまでされて…」
と大荒れで、泣いて怒って大変でしたが。
(今でも会うと、そのときのことを笑い話にしています)

でも、それで仕方なく、
彼女は自分と向き合うことになったのです。
「もういい人ぶってなんでも引き受けたりしない。
きちんと自分の意見も言う。
やりたいことはまずやってみる!!」
それが出てきた答えでした。

そして、次の仕事を探すことになり、
晴れて新しい職場に勤めることになりました。

その職場で、
今の旦那さまと出会われて職場結婚されたので、
「ピンチはチャンス」どころか、
「ピンチは人生を変える大チャンス」になったわけです。


こういうことって、
本当にたくさんありますよ☆


私は、日々活動をする中で、
クライアントさん達が、
しんどい時期や苦しい時期にコンタクトをとってくださることが多いので、
その方の「どん底期」もよく知っています。

だからこそ、
そこからの浮上というか
幸せを掴む過程も全部見させてもらっていて、
「あー、あのときは嫌なことが起きていたわけではなく、
早く本当の自分に気づいてね♪という合図だったんだ!!」


と、振り返って思うのです。

* … * … * … * …* … * … * … * …*

ピンチはチャンスという言葉は真実です。

必ずそこに
向き合う意味が隠されています。

偽りの自分を生きていないかな??
誰かに遠慮していないかな??
わかっているのにやれていないことはないかな??
などなど。

自分を責めるのではなく、
思いきって向き合ってみてください。


そこにどんな答えが隠れているのか。

気づいて一歩動いたところから、
ピンチは一気にチャンスに変わります。


「あのピンチがあったから今の幸せがある!」
きっとそう言える日がきます。

私もいつも、そう思いながら過去を振り返っています。


今いろいろ抱えている方も、
来月、再来月、年末頃には
「あのピンチがあったから♪」って笑っていられる。

そうなりますし、そう信じています。


  都築まきこ



読んだらもっとハッピーな心持ちになる! 都築まきこさん既刊本の詳細はこちらから

 

 

 

 

都築まきこ(つづき・まきこ)

人物紹介写真

名古屋市生まれ。20代前半にナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』(きこ書房)を知り、それまでの人生を省みる。以来、自身を実験台に、引き寄せによる多くの願望成就を体験。この体験をつづったアメーバブログを2010年12月に始めたところ、たちまち評判となり、全国から問い合わせが殺到。2011年からは「幸運アドバイザー」という肩書きで、引き寄せの法則とワクワクを伝える活動を全国各地で展開し、同年秋には「幸運アドバイザー養成講座」を立ち上げた。現在も、認定した幸運アドバイザーの方々と、「自分自身がよい状態であること」、「いつも笑顔」をモットーに活動中。

著書に『ココロの枠をはずしたらどんどん願いが叶いだす♪』『欲張れば欲張るほど幸せになる引き寄せの法則』(ともにパブラボ)、『ピンクのハンカチを持てば必ずいいことが起こる♪』(大和出版)、『あなたのままで奇跡を起こす!』『本当にスゴイ!思い込みを変える魔法』(ともにきこ書房)がある。

関連する記事