写真

言葉

【第52回】【何者とも何事とも闘わない】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2021.4.17
From 都築まきこ

新年度がスタートして、
世の中の空気が少し変わった気がしますよね。

春独特の、このなんともいえない空気感。

いろいろな変化を感じていらっしゃる方も、
多いのではないでしょうか。


前向きなだけではなく、
感情の波がザッッバーン!と押し寄せてきて、
うわぁ??、もうムリ!って、
新しい流れにギブアップしそうなときもあるかもしれません。

私もそういう時期があるので、
「え?なんだ、これは!?!?」と、
一瞬慌てたりもするのですが。

最近わかってきたことは、
そういうときは、
ギブアップしちゃってもいいよねってこと♪


生きることをやめないかぎり、
たいていのことはやめられる。

自分で選んで決めてその中に身を置いていることは、
やめることも自分で選べます。



そんなのムリムリ!
今までやってきたことが無になるなんて耐えられない!
そういう思いも出てくるかもしれないけれど、
「今、ここで自分が傷ついている」
という現実があるのであれば。


そこから目をそらさずに、
ちゃんと認めることも大切な
「自愛」の作業なのかもしれません。




捨てられない、やめられない、逃げられない。

そうやって自分を縛りつけているのは
「思い込み」と「罪悪感」からで、
本当の自分の願いや望みは、
その対極にあるのではないかと感じることもあります。




これは投げやりな意味ではなくて、
スパッとやめることで
綺麗にまたくっつくこともあるかもしれないし。

一旦、引いてみるから、
わかることも見えてくることもありますね。


「もう、ムリ。これ以上はできない……」
「もう、自分の心に嘘はつけない」

そう思ったとき、
その先の未来に自分の望みやワクワクがちゃんとあるのであれば、
「よし、ここを乗り越えようぜっっ!」
と、勇敢に戦い、踏ん張って進めばいいけれど。

ここで耐えてなにになるんだろう?
この先に、自分の望む未来はないだろうなって、
なんとなくわかっているのであれば。

やめること、あきらめること、立ち去ることも、
一度、意識の中に入れてみるのもいいと思います。

私自身、
もうこの先の人生では

何者とも何事とも闘わない。
自分自身とも闘わない。

そう決めることができて、とてもラクになりました。



心身ともに変化の多い時期だとは思いますが、
季節の変わり目は、きっとそういうもの。
揺らされても惑わされても
自分自身の幸せにはなんの影響もないので。

少しでも「穏やか」な部分に目を向けて、
新しい波に乗っていきたいですね。


  都築まきこ





※作家の都合によりしばらく連載をおやすみさせていただきます。



読んだらもっとハッピーな心持ちになる! 都築まきこさん既刊本の詳細はこちらから

 

 

 

 

都築まきこ(つづき・まきこ)

人物紹介写真

名古屋市生まれ。20代前半にナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』(きこ書房)を知り、それまでの人生を省みる。以来、自身を実験台に、引き寄せによる多くの願望成就を体験。この体験をつづったアメーバブログを2010年12月に始めたところ、たちまち評判となり、全国から問い合わせが殺到。2011年からは「幸運アドバイザー」という肩書きで、引き寄せの法則とワクワクを伝える活動を全国各地で展開し、同年秋には「幸運アドバイザー養成講座」を立ち上げた。現在も、認定した幸運アドバイザーの方々と、「自分自身がよい状態であること」、「いつも笑顔」をモットーに活動中。

著書に『ココロの枠をはずしたらどんどん願いが叶いだす♪』『欲張れば欲張るほど幸せになる引き寄せの法則』(ともにパブラボ)、『ピンクのハンカチを持てば必ずいいことが起こる♪』(大和出版)、『あなたのままで奇跡を起こす!』『本当にスゴイ!思い込みを変える魔法』(ともにきこ書房)がある。

関連する記事