写真

言葉

【第56回】【あなたが傷ついてしまったときの考え方】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2021.8.7
From 都築まきこ

引き寄せの法則の落とし穴は、
シリーズにしたいくらいにいろいろあるのですが、
長年この法則をお伝えしていると、
「こうしなければならない」という思い込みに
戸惑っている方も多いと感じます。


その中の一つに、
「いつも良い感情でいなくてはならない」というものがあり、
怒りや悲しみ悔しさを持っていると良くない……と捉えている方が、
さらに自分を追いつめてしまっている気もします。

あなたが何かの原因で傷ついてしまったときに、
そこで良い感情を持とうとすることが
傷を深くしてしまうこともあるのです。



もちろん、たいていのことは
ご機嫌でいたほうがスムーズに進みます。

人との関係につまづいたときに、
その人と縁を続けていきたいのであれば、
一旦自分の感情を認めた上で
(↑ここ大事です!!)
イライラやモヤモヤを変換して
ご機嫌な自分を取り戻したほうが
結果的に自分の要求も通りやすいしラクでいられます。

自分が相手の立場になったときに、
やっぱり相手がご機嫌のほうが
受け止めやすかったり
自分も柔軟に対応できたりすることもあるからです。


ただ、これは、
あくまでも関係を継続させていきたい
仲良くやっていきたいという
願望がある場合……です。

「仲良くしていきたい」という願望があるときは、
それを叶えるためには
どうしたらいいのか??と考えたときに、
いつも怒っているよりも
ご機嫌でいたほうが叶いやすいよってことです☆


でも。

この人とは一緒にいられない、
もう疲れちゃったなぁ……とか。
酷い裏切りにあったとか。

いつも自分ばっかり我慢している、
ストレスをためている、
そうしながらも
「私のどこがいけないのかな?」って自分責めして、
相手のことだけではなく
自分のことさえも嫌いになっていく。


そういう関係性になってしまったときは、
もう「ご機嫌で」とか「良い感情で」というのは
一旦脇においていいと思います。

「もう、この関係性は終わらせたほうがいい」
「一旦、距離をおいたほうがいい」
「とにかく離れて自分を取り戻したほうがいい」

そうなったとき、
次に出てくる感情は
「悔しい」
「腹が立つ」
「悲しい」
「許せない」

など、ダークなものだったりもしますし、
それが人としては自然なことです。

+++++

恋愛のご相談の中で、
相手に嘘をつかれたり、浮気をされたり、
誠意のない態度をとられて、
傷つきながらも別れを決めた方が
こんなふうにおっしゃるのです。

『今でも怒りや悲しみが出てくるけれど、
この感情のままでいたらだめですよね?
別れた彼の幸せを心の底から願ってあげられないと、
私にも幸せが引き寄せられないってことですよね?
それがなかなか難しいんです……』と。

いえいえ。違いますよっっ。
そんなのすぐはできませんし、
その状況で相手の幸せを願うなんてムリですよ。

引き寄せの法則でいう
「良い感情で過ごしましょう」
「ご機嫌でいましょう」は、
自分に嘘をつくことではないのです!!



もうここは声を大にして言いたいのですが、
自分の感情を無視して
許せないという思いを封印して、
別れた相手や自分を傷つけた相手の幸せを願うって
それは「嘘」です。
自分に「嘘」をつくことです。
むしろ、余計に自分を傷つけます。


そういうときは、
相手を恨んでも憎んでもいいし、
相手が自分にしてきたことのリターンとして
因果応報に期待してもいいと思います。

一時的にそう思うことが
あなたに悪いことを引き寄せるわけではないのです。

怒りや悲しみ、
その感情をちゃんと認めてあげないと☆
(↑これをリハビリ期間といいます。
心が傷ついた分、リハビリも必要です)


その上で、
こんなふうに考えてみるのはどうでしょうか?

「私が楽しくすればするほど
相手は楽しくなくなるし、
私がキラキラ輝けば輝くほど
相手の輝きは失われていく」



あなたがどう思うかは
どこまでも自由なので^^

こうやって思うと、
これは負けていられない!!
泣き暮らしている場合ではない!!
絶対に私が楽しまないと!!ってなりませんか??


腹が立つ相手、許せない相手と
正面から闘うのは疲弊するし、
ましてや復讐なんて自分が疲れちゃいます。

でも、
自分がプラスのエネルギーを出せば、
許せない相手がマイナスになっていくかも♪
って、自分のイメージの中で決められたら
ちょっと気持ちが落ち着くのですよ。


呪いを送るわけではないので、
本当にそうなるかどうかはわかりません。
相手はなにも変わらないかもしれません。

でも、
「あなたがそう思う」ことが大切なのです。
「自分のためにそう思う」ことが
辛い状況にいる自分を救ってくれるのです。




そして、
その少し先で残るのは
「私が楽しくすればするほど」
「私がキラキラ輝けば輝くほど」……という、
自分に対するポジティブな意識だけになります。


いつのまにか
許せないとか憎いと思っていた相手の存在が、
自分の中から亡霊のように薄くなっていくのです。
良い意味でどうでもよくなると、
残るのは
ポジティブな思考をもった自分だけになります!!


こういうのも思考の転換の面白いところですね。

+++++

長くなりましたが…

まとめるとこういうことです。

「あなたはあなたのために
今を力強く生きる必要がある。
それが必ず自分を助けてくれることになるし、
幸せに導いてくれる」



相手を許すとか、相手の幸せを願うとか。
そんなことは、
自分が立ち直ってからでいいのです。
わざわざやらなくてもいい。


まずは、
自分自身のことだけ考えて
チカラを取り戻してほしい。

心のリハビリ期間中は
どんなにダークな感情があっても否定しなくていい。

今、傷ついちゃっている人に
私はこのことを一番強くお伝えしたいです。


怒りだってあなたを幸せにする大切なエネルギーです。

なんにも悪くない。
絶対に大丈夫ですよ♡



  都築まきこ



読んだらもっとハッピーな心持ちになる! 都築まきこさん既刊本の詳細はこちらから

 

 

 

 

都築まきこ(つづき・まきこ)

人物紹介写真

名古屋市生まれ。20代前半にナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』(きこ書房)を知り、それまでの人生を省みる。以来、自身を実験台に、引き寄せによる多くの願望成就を体験。この体験をつづったアメーバブログを2010年12月に始めたところ、たちまち評判となり、全国から問い合わせが殺到。2011年からは「幸運アドバイザー」という肩書きで、引き寄せの法則とワクワクを伝える活動を全国各地で展開し、同年秋には「幸運アドバイザー養成講座」を立ち上げた。現在も、認定した幸運アドバイザーの方々と、「自分自身がよい状態であること」、「いつも笑顔」をモットーに活動中。

著書に『ココロの枠をはずしたらどんどん願いが叶いだす♪』『欲張れば欲張るほど幸せになる引き寄せの法則』(ともにパブラボ)、『ピンクのハンカチを持てば必ずいいことが起こる♪』(大和出版)、『あなたのままで奇跡を起こす!』『本当にスゴイ!思い込みを変える魔法』(ともにきこ書房)、最新刊に『願いをかなえる私になる!ワクワク28日間引き寄せレッスン』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。

関連する記事