写真

言葉

【第86回】【心配事との付き合い方】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2022.11.7
From 都築まきこ

私たちの長い人生の中には、
大なり小なり心配事の種があって、
そこに影響を受けながら過ごす時間も多いですよね。


私はこの活動をする前に、
一つ自分の中で決めたことがあります。


「心配や不安もあっていい。
気になるのなら考えてもいい。
でも、3日経ったら
一旦そこから(その思考から)離れよう」
と。


簡単にいうと、

時間を区切って意識的に切り替えよう!!

ということなのですが、

これが想像以上に自分を救ってくれました。


「あ〜、不安だ。心配だ。
ダメだったらどうしよう。
あれもこれこも気になって怖くなる」

こういうときに、
不安になったらダメ!
考えないようにしよう!
そう自分に言い聞かせても、
ダメと言われたらますます意識しちゃうのが人間です^^


だから、
「いいよ。3日間は、とことん不安でいよう。
どれだけ心配してもいいから、ずっと考えていよう!!」
と、逆のアプローチで、
自分に 「許可」を出すのです。


でも、いつまでもそれを続けるのは
精神衛生上も良くないので、
期限を決めます。


私は3日にしましたが、
これが一週間でも一ヶ月でも
期限があればいつでもいいと思います。


そして、その期限がきたら
一旦その思考から離れる。


元に戻りそうになったら、
「とりあえず、
今日一日だけは他のことに意識を向けよう!」

と、まったく別のことを見聞きするようにします。
(美味しいものを食べる、ゲームをしたり漫画を読む、
あえて人に会うとか、さっさと寝るとか。
方法は、なんでもいいと思います☆)

また不安や心配事に心を奪われたら
何度でも期限を決めることを繰り返す!
この過程の中で、
気づいたら自然に解決していたり、
どうでもよくなっていたりするのです。

不思議ですが、
「ここまでしか悩まない!心配しない!」と決めると、
状況がスルスルと動くのですよ〜。


一日の中で
一生の中で
心配や不安にとらわれて、
そのことで頭の中をいっぱいにしている時間は
いったいどのくらいになるのだろう??

そう考えたときに、
私はこの期限を決める☆を思いつきました。

だって、
楽しいとか嬉しいと感じる時間よりも、
悩んで重苦しい時間のほうが多いなんて、
やっぱり嫌だし、悔しいですから。


もし、今なにか気がかりなことがあれば、
あなたが思いつく期限を決めて、
「まずはそこまで」と思いながら過ごしてみてください。


この繰り返しで、
人生はとてもラクに面白いものになりますよ。

オススメです☆


 都築まきこ



読んだらもっとハッピーな心持ちになる! 都築まきこさん既刊本の詳細はこちらから

 

 

 

 

都築まきこ(つづき・まきこ)

人物紹介写真

名古屋市生まれ。20代前半にナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』(きこ書房)を知り、それまでの人生を省みる。以来、自身を実験台に、引き寄せによる多くの願望成就を体験。この体験をつづったアメーバブログを2010年12月に始めたところ、たちまち評判となり、全国から問い合わせが殺到。2011年からは「幸運アドバイザー」という肩書きで、引き寄せの法則とワクワクを伝える活動を全国各地で展開し、同年秋には「幸運アドバイザー養成講座」を立ち上げた。現在も、認定した幸運アドバイザーの方々と、「自分自身がよい状態であること」、「いつも笑顔」をモットーに活動中。

著書に『ココロの枠をはずしたらどんどん願いが叶いだす♪』『欲張れば欲張るほど幸せになる引き寄せの法則』(ともにパブラボ)、『ピンクのハンカチを持てば必ずいいことが起こる♪』(大和出版)、『あなたのままで奇跡を起こす!』『本当にスゴイ!思い込みを変える魔法』(ともにきこ書房)、最新刊に『願いをかなえる私になる!ワクワク28日間引き寄せレッスン』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。

関連する記事