写真

言葉

倒されても立ち上がる -FAILURE IS NOT FALLING DOWN, YOU FAIL WHEN YOU DON’T GET BACK UP-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

photo by WarmSleepy

2018.4.20
From マックス桐島

逆境は予告なく訪れる

 太古の昔から、氷河時代や彗星との激突、天然痘やペスト、大地震や洪水に見舞われては復興してきた人類の底力は、戦争や紛争などの人災被害から立ち上がる人々の姿にも反映されています。

 1994年に起こったノースリッジ大地震の際、震源地近くのエンシノに住んでいた僕たち夫婦も、相当な物理的、精神的なダメージを被りました。地下鉄が自宅の地面を通っているような振動と冷蔵庫が縦揺れしながらバウンスする光景、そして、早朝の閑静な住宅地に響き渡る隣人の嗚咽と恐怖の表情は、一生忘れない人生の1ページです。

 そして、ワイフの故郷宮崎の新燃岳噴火は、春秋を過ごす我が家からわずか20キロの霧島連山で発生した天災。2階の書斎オフィスから展望できる美しい高千穂の峰の後方からは、毎日不気味な噴煙が狼煙(のろし)のように吹きあがり、北西の風が吹く日は家も街も降灰で世紀末のような風景となりました。

 東日本大震災、阪神淡路大震災などの時もそうでしたが、政府頼みだけでなく、ボランティアや地元住民が力を合わせて立ち上がろうとする姿勢は、人間同志の絆や「倒されても起き上がる」逞しい本能を感じさせてくれる瞬間でもあります。
 南国宮崎でも、爆発的噴火の数日後、ホームセンターは降灰掃除道具を買い込む人で溢れ、戦後の廃墟からの奇跡の復興を成し遂げた日本人のDNAを感じさせる息吹に感動したものでした。

受け継がれているDNA

2写真

by World Series Boxing WSB8 Week 5 - Uzbek Tigers vs Colombia Heroicos match via photopin (license)

 ボクシングの世界では三度ノックダウンすると、テクニカル・ノックアウト(TKO)とみなされますが、人生舞台では何度ノックダウンされようと、起き上がればまた勝負に挑めます。

 思い通りにいかないこと、完膚なきまでに叩きのめされる場面、様々なシーンでノックダウンされることの多い我々の人生模様ですが、倒されることが失敗ではなく、倒されて起き上がらない自分が失敗を招くのですね。
 ましてや、「七転び八起き」ということわざのある日本は、この不屈の精神がものをいうということを知っている国民性のDNAがあります。どこに住もうと、何をしていようと、「とにかく再起する」ことからはじめれば、どんな難関も道は拓けるのだと思います。

何度でも立ち上がろう

3写真

by AngelsWings

 モハメッド・アリに挑戦した無名のファイター、チャック・ウェプナーは、何度倒されても大流血しても立ち上がり続け、アリだけでなく世界中の人の度肝を抜いたと同時に勇気を与えたボクサー。
 その一戦に大感動した当時下積み俳優だったシルベスター・スタローンが、数日で書きあげた脚本「Rocky」は、今でも世界中の映画ファン、再起を図る人々の心に大きく共鳴する名作となっています。

 ノースリッジ地震の際、近隣在住のハリウッド人も大打撃を受けましたが、その一人だった映画スターの友人が、崖下に滑り落ちたプールを見ながらこう呟きました。「This too shall pass. We will get back up in no time」
 つまり、「今は大変だけど時間が経てば何とかなってる。すぐに立ち上がれるよ」という趣旨の言葉で隣人や友人を励ましていたのが印象的でした。

 そういえば、映画企画にGOサインが出た経験や、出版企画が通ったという僕自身の成功体験も、数回ノックダウンされた、つまりパスされた後に立ちあがったからこそ訪れた成果であって、マットの上に倒れたままでは、単なる失敗に終わっていたに違いありません。

 倒れされたら8カウントまで呼吸を整え、元気よく立ちあがりましょう!

 

 

 

 

マックス桐島

人物紹介写真

ハリウッド映画プロデューサー
神奈川県出身。
ハリウッドで1990年以来、『Night of the Warrior (邦題「ナイト・ウォリアー」)』『Ulterior Motives (邦題「隠された動機」)』『Samurai Cowboy (邦題「ワイルド・ハート/遙かなる荒野へ」)』など13作品をプロデュース。また手掛けた作品は2001年度アカプルコ国際映画祭最優秀作品賞。2002年度ニューヨーク・インディペンデント映画ビデオ映画祭最優秀スリラー作品賞、主演男優賞などを受賞。著書に『NYビジネスマンはみんな日本人のマネをしている』(講談社プラスアルファ新書)など多数。
http://www.amazon.co.jp/-/e/B004LRJOSM

関連する記事