写真

言葉

神様を演じる -PLAYING GOD-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

photo by photoeverywhere
2018.6.19
From マックス桐島

神様の姿

神様をテーマにした映画は多数ありますが、なにせ実際に神様と出逢ったことのない人がほとんどなので、その描かれる様も多種多様です。

人間界に降臨してきて世直しや人直しをする人間味ある神様(ジョージ・バーンズ似)、Pearly Gatesと呼ばれる”天国の門”で最後の審判を下す威厳ある神様(ミケランジェロの絵画風)、白いスーツを着てユーモアセンスのある賢人風の神様(モーガン・フリーマン似)、そして、修行を積んで悟りをひらく仏様(キアヌ・リーブス似)と、映画に登場するGod(Buddhaも含めて)は、慈悲と愛にあふれた存在ですね。

では、逆に、神様のような役割を果たす「人間」といえば、罪の有無や刑期を決定する裁判官や陪審員、「罪を憎んで人を憎まない」優しい心の被害者、そして、被災者や不遇な人のために慈善事業や奉仕活動をする心ある有志の方々の姿が思い浮かびます。

罪と罰

罪を裁く側の人間が、自分の家族が加害者と被害者の両方になった場合、どのような「神」を演じるのでしょうか? 

そんな重いテーマの映画を自ら、製作者、監督、主演俳優、脚本家として手がけた、元ボクシング世界チャンピオンのガッツ石松さんの力作『罪と罰』の試写会&パーティーに招待参加させていただいたことがあります。

僕と同様、アメリカとの二カ国生活をしている俳優のサニー千葉さん、プロゴルファーの横峯さくらさんの父、横峯良郎さん、任侠映画俳優の岡崎二郎さんと同席しましたが、罪と罰に関して考えさせられる映画でした。

愛する人を殺められた心情は、本人でなければ到底分からない苦しみと憎しみの空間だと思います。ある神様(ロン毛で髭モジャの人)は「汝の敵を許せ」と説き、ある神様(ソンコ帽をかぶった人)は「目には目を」と説き、また、ある神様(東洋人風の人)は「諸行無常」と説くこの世界で、誰が、誰に対して、どのように神様の代わりを果たすのか?

格闘家、タレントという経歴を経たガッツ石松さんが、畑違いの映画製作を完成させ、その映画に宿る無言のメッセージで、世の中や人の心に一石を投じたことは、ある意味、彼なりの「Playing God(神様を演じる)」な気がします。

大勢の人の情熱と労力に、経済的、物質的、精神的なエネルギーが融合して始めて世に出ることのできるのが、映画という2時間の夢空間。その空間の中で観客が感じることや思うことは、映画館を出た後のその人の人生観を多少なりとも変えることになるかもしれません。そう考えたとき、自分の伝えたい思いや、人が求める感性を形にできる人は、知らず知らずのうちにPlaying Godをしているのだと思うのですが、どうでしょう?

背中を押すということ


人生が変わるような体験、一皮剥ける経験、そして、今までの自分ではなくなる瞬間を提供してくれた人との巡り会いなど、「神がかり」的なエピソードの陰には、神様の代役を演じてくれた人物が介在する場合が多いものです。

僕が初めてワーナー・ブラザースと組んで映画をプロデュースしたきっかけも、とあるニューヨーカーとの出会いでした。

WBとHBO(大手ケーブルTV会社)が、共同出資で複数映画製作に乗り出すという業界情報を耳にしたそのニューヨーカーは、プロデューサー業を始めて間もない僕に、わざわざ知人を介してコンタクトを取ってくれました。声をかけてくれた動機は、企画会議で熱弁をふるっていた僕を一度だけ見たことがあるという単純なもの。プレゼンで口角泡飛ばす日本人の若者の姿が、どれだけ好印象を残したのかは定かではありませんが、目に見えない「何か(誰か)」が、そのニューヨーカーの背中を僕の方向に押し出してくれたことは確かです。

読者の皆様が、それぞれの生き様の中で、誰かの背中を押したり、誰かの心に足跡を残したりする「Playing God」を実行してくださることを期待しています。

 

 

 

 

マックス桐島

人物紹介写真

ハリウッド映画プロデューサー
神奈川県出身。
ハリウッドで1990年以来、『Night of the Warrior (邦題「ナイト・ウォリアー」)』『Ulterior Motives (邦題「隠された動機」)』『Samurai Cowboy (邦題「ワイルド・ハート/遙かなる荒野へ」)』など13作品をプロデュース。また手掛けた作品は2001年度アカプルコ国際映画祭最優秀作品賞。2002年度ニューヨーク・インディペンデント映画ビデオ映画祭最優秀スリラー作品賞、主演男優賞などを受賞。著書に『NYビジネスマンはみんな日本人のマネをしている』(講談社プラスアルファ新書)など多数。
http://www.amazon.co.jp/-/e/B004LRJOSM

関連する記事