写真

言葉

持っているモノ -THINK OF WHAT YOU HAVE INSTEAD OF WHAT YOU WANT-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

photo by Ryan McGuire
2018.6.26
From マックス桐島

どこにフォーカスするか

日本では年末恒例になっている“流行語大賞”。少し前の話になりますが、甲子園で活躍してプロ入りした斎藤佑樹投手の「自分は何か持っている」が特別賞を受賞して話題になったことがありましたね。

生まれつきの才能、長所、特に目に見えない魅力などを指して引用される言葉ですが、彼が“何か”を自らの「仲間」と定義したことが清々しかったのを覚えています。

自分が持っている、性格的や心理的なモノに焦点を合わせて生きている人が、どことなく“透明のオーラ”や存在感を醸し出すのは、古今東西を問わず一緒なのでしょう。

もう少し収入が多ければ、背が高ければ、美人ならば、頭が良ければ、顔がよければ……など、自分が“持っていないモノ”に焦点を合わせると、どうしても他人への嫉妬心、競争心ばかりが心の中でフォーカスされてしまいます。

反面、今自分がしている仕事、置かれている状況、自身の容姿の中に、“何かいいモノ”を見つける姿勢は、自信や希望という前向きなエネルギーに想いを集中させてくれます。

自分の強み

俳優をしていた数十年前の話。とある野球ドラマのオーディションで、スタジオシティの公園に数百人の若手俳優が集結したことがあります。

写真選考やキャスティング・ディレクターとの台詞テストなども通過し、あとは野球の腕前と自分のキャラを輝かせるのみとあって、グラウンドは入念にストレッチや素振りを繰り返す東洋系男優の姿で溢れかえっていました。

得意の守備位置ごとに分割されることになり、周囲を見回した僕は、最も人数の少ない三塁手の列に加わりました。競争相手が少なければ出演のチャンスも多いと読んだ貧しい発想からそうしたのですが、僕自身、少年野球の経験や長嶋茂雄氏に憧れたことはあったものの、三塁など一度も守ったことはなかったのです。

打撃練習ではまずまずの格好でバットに球を当ててお茶を濁したのですが、いざ守備練習となると、トンネルや凡ゴロを弾いてしまう醜態をさらし、心の中で「やっぱり慣れている一塁手にしとけばよかった」と悔やみました。

帰りがけに、旧知の俳優仲間たちと事後談話に花を咲かせた際、スタジオ映画にも数多く出演している大柄の俳優がこう言いました。「野球はメチャ下手だから、ずっと上手だったらいいなぁと思い続けていたけど、今日は思い切って自分の体格を活かしたキャッチャーの役で存在感を出そうと腹をくくったんだ」

数日後、ガタイを活かした体当たり演技が光った大柄の彼が、見事捕手役を射止めたことを知りました。

自分を活かすには

当然ながら落選した僕は悔しい思いをしましたが、そのオーディションで得たかけがえのないレッスンは、それからの人生で役立つ大きな収穫となりました。

その教訓とは、自分が持っていないモノを欲しがるのではなく、持っているモノに焦点を当てるということ。自分にしかない特徴、得意な分野、長所、人に褒められる点や自信のある点など、自分が持っているモノは、じっくりと焦点を当ててみると意外に多いことに気がつきます。 

そして、持っていないモノへの羨望や願望が、自分自身の可能性や伸びしろを見えなくしているということにも。

映画関係者で成功している人の多くは、「Think of what you have!(持っているものに目を向けろ)」と言って人を励まします。凹んでいる時、ピンチの時、八方ふさがりの時、人間はどうしても自分の持っていないモノがあれば窮地を凌げると錯覚してしまうものですが、自分の持っているモノを再認識して掘り下げることが、実は結果に繋がる最短距離なのだと思います。

あの野球映画のオーディションで人生レッスンを身体で示してくれた俳優の、更に大きくなった巨体を映画で観るたびに、「自分の持っているモノ」を再考し、感謝し、活用する生き方を再確認するのです。

 

 

 

 

マックス桐島

人物紹介写真

ハリウッド映画プロデューサー
神奈川県出身。
ハリウッドで1990年以来、『Night of the Warrior (邦題「ナイト・ウォリアー」)』『Ulterior Motives (邦題「隠された動機」)』『Samurai Cowboy (邦題「ワイルド・ハート/遙かなる荒野へ」)』など13作品をプロデュース。また手掛けた作品は2001年度アカプルコ国際映画祭最優秀作品賞。2002年度ニューヨーク・インディペンデント映画ビデオ映画祭最優秀スリラー作品賞、主演男優賞などを受賞。著書に『NYビジネスマンはみんな日本人のマネをしている』(講談社プラスアルファ新書)など多数。
http://www.amazon.co.jp/-/e/B004LRJOSM

関連する記事