写真

言葉

一緒に遊ぼうよ -LET’S HANG OUT-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

photo by Andreas Komodromos Afternoon stroll - Limassol, Cyprus via photopin (license)
2018.8.14
From マックス桐島

ハリウッドの遊び心

ハリウッドだけでなく、アメリカ人が好んで使う言い回しに「レッツ・ハング・アウト」があります。日本語風に言えば、「遊ぼうよ」というニュアンスですが、僕は、この表現の陰に隠れた“遊び心”と、その延長にある創造性が大好きです。

『オーシャンズ11』で共演して以来、公私共に親友となったブラッド・ピットとジョージ・クルーニーは、ハリウッドで「プランクスター」と呼ばれる、ドッキリ冗談が好きなことで有名です。

例えば、『オーシャンズ11』で共演したジュリア・ロバーツのドレッシング・ルーム(控室)に、豪華な花束と一緒に手紙を届けたときのエピソード。

「出演料は『20』だと聞いたので……」という手紙に添えられた20ドル紙幣を見たロバーツは涙を流すほど大笑いしたそうです。そのわけは、『エリン・ブロコビッチ』でアカデミー主演女優賞を獲得し、出演ギャラがハリウッド女優最高額の20ミリオンダラー(約20億円)となったジュリアのことを“いじった”コメントだったから。

その他にも、クルーニーは、映画のセットでも、共演者のトレーラー(ロケの際の控室)にゴムの蛇を置いてビックリさせたり、監督の椅子にブーブークッションを仕掛けたりと、とにかくプラクティカルジョーク(いたずら)が大好きなんですね。

スターが現れる極秘スポット

遊び心だけでなく、その悪ふざけの陰には、ともすれば緊張感が張りつめて、スタッフが神経質になりがちな仕事現場をリラックスさせようという、彼なりの配慮があるのだと思います。

大人になると、子どもの頃の“遊び心”をどこかに置き忘れ、人生すべての出来事をシリアス(クソまじめ)に扱おうとしがちです。そんな時こそ、心をゆるめて力を発揮できるように、いたずらっぽい発想をしてみるのもアリかなと思います。

たまには、仕事や人生の喧騒を忘れて、「Let’s hang out!」

ところで、ピットとクルーニーは頻繁に一緒に飲み歩く仲。二人が目撃される極秘スポットをご紹介するので、ロサンゼルスを訪れた際には、クールな伊達男コンビの雄姿を探しに出かけてみては?

ちなみに、「Hang out(ハング・アウト)」が名詞になった「Hangout(ハングアウト)」は、「貯まり場」という、これまた遊び心あふれる表現になるんですよ。

1. Firefly
クルーニーが大ブレイクするきっかけとなった番組「ER」のスタッフ全員に夕食をご馳走したことでも有名なこの店は、ハリウッド北方のスタジオシティの一角にあり、隠れたショービズ・プレイスとしても有名。
11720 Ventura Blvd., Studio City

http://www.fireflystudiocity.com/

2. Dan Tana’s
言わずと知れた、有名なショービズ・ハングアウトで、毎晩必ずセレブに遭遇する場所。ピットが、玄関前で車に轢かれそうになった女性を救ったことでも有名。
9071 Santa Monica Blvd., West Hollywood

http://www.dantanasrestaurant.com/

3. Shutters on the Beach
サンタモニカ海岸沿いの伝説のホテル。砂浜に直結したバーは、夜になるとゴージャスな雰囲気が溢れ、スターがお忍びで飲みに来ます。
One Pico Blvd., Santa Monica

https://www.shuttersonthebeach.com/

4. Sunset Tower Hotel
1929年に建てられたハリウッドのランドマーク的ホテル。トルーマン・カポーティ、ハワード・ヒューズ、フランク・シナトラなども馴染みにしていた由緒あるラウンジは、古き良きハリウッドとニュー・ハリウッドが見事に調和した社交場です。
8358 W Sunset Blvd., West Hollywood

https://www.sunsettowerhotel.com/

 

 

 

 

マックス桐島

人物紹介写真

ハリウッド映画プロデューサー
神奈川県出身。
ハリウッドで1990年以来、『Night of the Warrior (邦題「ナイト・ウォリアー」)』『Ulterior Motives (邦題「隠された動機」)』『Samurai Cowboy (邦題「ワイルド・ハート/遙かなる荒野へ」)』など13作品をプロデュース。また手掛けた作品は2001年度アカプルコ国際映画祭最優秀作品賞。2002年度ニューヨーク・インディペンデント映画ビデオ映画祭最優秀スリラー作品賞、主演男優賞などを受賞。著書に『NYビジネスマンはみんな日本人のマネをしている』(講談社プラスアルファ新書)など多数。
http://www.amazon.co.jp/-/e/B004LRJOSM

関連する記事